チャットレディと風俗どっちが稼ぎやすい?

チャットレディと風俗どっちが稼ぎやすい?

チャットレディのメリットと、ガールズバーや風俗やキャバクラなどのメリットを比べるとどちらがいいのでしょうか。

女性が稼げる仕事のキャバクラなどと比べると、オンラインのキャバクラと言われているチャットレディは似ています。

チャットレディはなんといってもネットというバーチャル空間を介して、男性客とおしゃべりするだけなので、キャバクラと比べるとかなりアドバンテージがあるといえます。

チャットレディはキャバクラや風俗などと比べてデメリットは少ない方ですが、唯一あげるとするならば、チャット画面をキャプチャされて顔バレなどの危険性があるというところですね。

次に女性が高給を稼げるバイトの代表格である風俗と比べてみると、風俗は日給が高いというメリットがありますが、不特定多数の男性とセックスをしなければいけないという性病のリスクもあります。

風俗や水商売などの高時給なお仕事と、チャットレディを比べてみると、結局どっちがお得なのでしょうか?それは間違いなくチャットレディだと思います。

女性が稼ぎやすいキャバクラなどと比べてみても、チャットレディは見劣りしないくらい稼ぐことができます。なにより働く上でのメリットがもりだくさんあります♪たとえば出勤するしないも自由ですし、働く時間もタイミングもすべて自分に決定権があり、これ以上自由な仕事はないでしょう。

ここからは、キャバクラのバーチャル版であるチャットレディと、キャバクラやガールズバーなどをやった場合にどちらにメリットがあるかを検証していきたいと思います。ぜひご覧ください。

チャトレのメリットとデメリットについて

メリット1 ボディタッチされない

キャバクラや風俗とチャットレディを比べたときに、まず真っ先に思いつく圧倒的なメリットとして、直接対面する必要がないということですね。

キャバクラなどと違って目の前に男性客がいるわけではないので、もちろん濃厚な接触やボディタッチなどのセクハラまがいの行為もなく、楽々お金を稼げます。

たまに、アダルトチャットレディでもないのにアダルト行為を強要してくる悪質な客がいますが、そういう客は退場機能などを使えば強制ログアウトさせることができるので安心です♪

メリット2 時給が高く設定されている

チャットレディは水商売とくらべて遜色ない高時給を誇ります。平均で5000円くらいで、最高で7000円を超えます。チャットサイトによってばらばらですが、平均的にこれくらいの金額です。

月収に換算するとアダルトありかなしか、顔出しありかなしかによっても変わりますが、毎月20万円以上稼ぎ続けている人もたくさんいます。

常連さんがたくさんいたり、ヘビーユーザーがたくさんいたりする、人気のチャットレディは固定客だけで毎月100万円以上稼いだりしている人もいるので、ぜひそれくらいのレベルを目指しましょう!

メリット3 自宅でも通勤でもどちらでもいい

チャットレディは家でも外でもどこでも仕事出来るのがいいですね♪スマホ一台あれば部屋の中でも出先でもチャットでお金を稼ぐことができます♪

チャットレディはさらに、働くタイミングも変幻自在に自分で決定出来るというのもいいですね。店舗に通勤するときは出勤時間に合わせて準備などをしなくてはいけませんが、チャットレディなら自分の働きたいタイミングでスイッチをいれただけで働く環境が整ってしまうのです。

メリット4 スマホ一台あれば好きなタイミングで働ける

チャットレディはスマホやパソコン一台あれば好きなところで好きなタイミングで働くことができます。

ライブチャットサイトというのは24時間365日稼働しているので、深夜でも仕事ができます。なんか眠りにつけないなんて日も、深夜帯でもお客さんはいるので、寝れないときはチャットレディで稼いじゃいましょう!

ライブチャットサイトを楽しんでいる男性ユーザーもスマホから気軽にログインできるので、男性側も隙間時間に女性とのチャットを楽しんでいるので、24時間お客さんがひっきりなしにいます!

メリット5 見た目関係なく女性なら誰でもOK!

たとえば、チャットレディとならぶ高時給の風俗やキャバクラなどはそのお店のジャンルというか雰囲気みたいなものがあります。学園風だったり、メイド風だったり、ギャル系だったり、人妻系だったり。なので、誰もが採用してくれるわけではありません。

チャットレディは、面接で受かってそのサイトに所属することに、なにか衣装的な費用がかかるというわけではないので、チャットサイト側が女性を落とすメリットはありません。なので、ほぼ全員チャットレディで働けるといってもいいでしょう。

私がチャットレディに応募したときも右往左往するような形でしたが、簡単に採用されて、即日働けるようになりましたし、周りの人もチャットレディをやっている人がたくさんいますが、落とされたなんて話は聞いたことがないですね。

チャットレディはその面接通過率の高さは去ることながらも、その即効性もすごいですね。普通に働こうと思ったら面接してから最低でも1週間後くらいからしかまともにはたけないと思いますが、チャットレディは即日お金を稼ぐことができます♪

メリット6 見た目だけじゃない!

チャットレディは顔出しなしでもやることができるので、キャバクラや風俗と比べて容姿を一切気にする必要もありません。

顔出しなしで稼ぐ秘訣はアダルトチャットにあります!アダルトに抵抗がなかったり胸やくびれに自信がある女性はアダルトを顔出しなしでやりましょう♪

そもそもライブチャットを利用している男性会員というのはキャバクラなどと比べて母数や絶対数がダントツに多いので、それだけ自分のことをすいてくれる男性がたくさんいます。

上記みたいに、チャットレディというのは容姿にこだわらず誰にでも稼ぎやすいチャンスが広がっているという点です。容姿に自信がなくても、会話に自信がある人もいるでしょうし、セクシーなスタイルを売りにしてもいいでしょうし、アダルトパフォーマンスで稼いでもいいので、どんな女性でも稼ぎやすいのがチャットレディです♪

デメリット1 身バレする可能性がある

チャットレディのデメリットは、ライブチャットというたくさんのお客さんに自分の顔が見られてしまう顔バレのリスクがあるということです。

ライブチャットを顔出しありでやっていると、待機中に自分の顔を写していて、もし知り合いがそのライブチャットで遊んでいたら、身バレしてしまうリスクがあります。

顔出しありでやっていても、髪型やメイクでいくらでもごまかすことができるので、顔バレ対策することもできます。

顔バレだけではなく個人情報が漏れるかもしれないと不安を抱いている人もいると思いますが、個人情報に厳しい時代なので、とても厳しく管理されているので、怪しい悪質なサイトは除外するにしても、大手の有名なチャットサイトなら安心してお仕事できます。

ライブチャットを運営している会社からチャトレの住所や氏名や年齢などが漏れることはないと思いますが、チャトレ自身が自分からいってしまったら意味がありませんので、男性ユーザーと仲良くなっても、仕事だと割り切って、あまり個人情報はいわないに超したことはありません。

デメリット2 待機時間ばかりになってしまう日もある

チャットレディというのはフルコミッションになっているので、待機時間を何時間過ごしてもお客さんがメールなりテレビ電話なりをしてくれない限り、報酬がゼロ円です。

時給制のアルバイトは待機だろうがなんだろうが時間に対して報酬がもらえますが、チャットレディは実際にチャットするまで報酬が発生しないのがデメリットといえますね。

チャットレディの報酬額は最低でも誰かがチャットしてくれさえすれば簡単に2000円とか3000円稼げますが、待機時間はこの時給換算に含まれていません。

デメリット3 画面をスクリーンショットとられる可能性

チャットレディは待機時間だったり実際にチャットでおしゃべりしているときに、あなたを気に入って画像に残しておきたいとおもったお客さんがパソコンのキャプチャソフトを使ったり、スマホのスクリーンショットをつかってキャプチャする可能性もあります。

ライブチャットを利用している男性客から、キャプチャを防ぐことは完全にはできません。

ですが、キャプチャするような男性客は個人で楽しむ人がほとんどなので、ネットに流そうという悪意を持っている人はほぼいません。

風俗嬢をやるメリットデメリットを解説

メリット1 ものすごい高給取り

風俗の一番のメリットは日給が高いと言うことですね。風俗の中でも業種によって変わりますが、日給は3万から5万円くらいだといわれています。

風俗というのはとにかく日給が高いのが特徴です。その代わりどこのどういう男性かもわからない相手と濃厚な接触をしなければならないというストレスがありますね。

メリット2 その他のバイトより自由さがある

風俗はチャットレディとは違い、在宅ワークというわけにはいきませんが、事務職とかショップ店員とかコンビニバイトなどと比べると、圧倒的に自由な出勤スタイルを実現できます。

メリット3 現金でその日の稼ぎをもらえる

風俗のメリットはなんと言っても即金で、その日にもらえるところですね。その日に稼いだ分は帰りにもらえるので、即金が何よりもいいというひとにはおすすめです。

デメリット1 接客をしなければならない

デリヘルやソープなどは一応接客業なので、汚い客だったり、失礼な客でも誠実に対応しなければいけないというストレスがあります。

生理的に受け付けられないような男性もいると思いますが、そこはお金をもらっているので、どうしてもサービスをしなければいけませんので精神的な負担が大きいと思います。

デメリット2 病気にかかる可能性

風俗でとくに気になるのは性病をうつされるかもしれないというリスクですね。性病はヘルペスだとかクラミジアだとか淋病だとかいろいろなものがあります。

風俗マニアの男性はいろいろな風俗を渡り歩いています。ソープランドでノースキンでやったり生中だしをやったりしているので、性病を持っている可能性があります。

デメリット3 年齢がいっていると稼ぎにくい

デリヘルやピンサロやファッションヘルスといったものは、性的サービスなので、ピチピチの水をはじくような若い肌を持った女性が好まれるので、若い子が稼ぎやすいです。

デメリット4 知り合いなどに身バレするリスク

自分が所属している風俗店に知り合いや友人の男性があらわれたら、当然あなたが風俗嬢をやっていることがバレてしまいます。他にも出勤や退勤の時に風俗店から出てくるのを見られた場合もバレてしまう可能性があります。

チャトレと風俗嬢どっちがいいか?

両方とも時給が高い

風俗とチャットレディはどちらも、一般的なコンビニバイトなどと比べてみるとものすごい高時給な部類に入ります。

風俗は相手をする人数に物理的に限りがありますが、チャットレディはそんなこともなく、無制限で青天井でパーティーチャットなどで収入を伸ばしていくことができます。

リピーターがたくさんいてすごい稼いでいるチャットレディは時給で3,4万円以上稼いでいる人もいるくらいで、月収で200万円以上稼いでいます。

人気のヘビーユーザーがたくさんいるチャットレディでない、ごく普通の女性がチャットレディをやっていても日給で平均的に1万円くらいは稼げるといわれています。

チャットレディは風俗と比べても遜色ないくらいの高時給を誇りますが、やはり肉体的なストレスもあるので、全体的には風俗の方が時給がたかい計算になっています。

チャトレと風俗嬢は似て非なるもので、似ているところもたくさんあります。まず、待機時間があり、待機時間はお金が発生していないので、女性の報酬にはなりません。

風俗嬢も指名されないと報酬がさがりますし、それはチャットレディも同じことですね。一見さんばかりじゃなく、固定客をもつと格段に稼ぎやすくなります。

ですが、チャットレディはオンライン上で待機しているので、チャットサイトを利用している男性は、風俗を利用している男性と比べて圧倒的に多いです。

自分の隙間時間をお金に換えられる

チャトレは何時間でも働くことができます。早朝でも深夜でも文字通り24時間365日働くことができるのです!

風俗店などは店舗の営業時間にあわせた働き方になりますが、比較的好きな時間や日数で働くことができるといわれています。

その日の給料はその日にもらえる

風俗とチャットレディを比べてみると、風俗は報酬がその日のうちに現金でもらうことができますが、チャットレディは通勤チャットレディの場合は現金日払いのところが多いですが、在宅チャットレディとかチャットサイト直接契約の場合は次の日に振り込んでもらえるところが多いですね。

ノルマや課題などがない

チャットレディも風俗もノルマなんてものはほぼなくて、来客分だけ働けばいいという形なので、のんびりマイペースに働くことができますね。

風俗かチャトレだったらチャトレをやりましょう!

上記でチャットレディと風俗のいい点と悪い点をさまざまな視点から比較してきましたが、私的にはチャットレディが圧倒的にオススメです。

チャットレディは風俗と比べて、店舗に行く必要もありませんし、物理的に接触せず、オンライン上のバーチャル空間でやりとりするだけなので、精神的にも楽に仕事ができます。

チャットレディならオンライン上で働くことができるので、衛生環境なども気にせず、気楽に気分よく安全地帯で仕事ができるので今、若い女性から人気が高くなっています♪

他に優れている点として、仕事の通勤時間や家事の合間や寝る前などの隙間時間にお仕事ができるという点です。

チャットレディは本業がどんな仕事をしていても、副業として成り立ちやすいです。たとえば、看護師をしていたりして、夜勤が多いときでも出勤前の隙間時間だったり、早朝でも昼下がりでもチャットサイトは営業しているので、そんな空いた時間も副業をしてお金に換えることが可能なんです!

チャットレディは風俗などと比べるとネットを介しているので、世界中の男性がターゲットといっても過言ではありません。

ライブチャットを使っている男性というのは、デリヘルやソープをつかって女性との交流を楽しんでいる客層とは若干違いますが、そもそもの分母が多いので、自分とチャットしたい!といってくれる男性なんていくらでもいて、すごい稼ぎやすい市場があるんです。

ネット上のお客さんというのはリアル世界のお客さんよりも爆発的な人数がいます。30代や40代の女性なら熟女専門の風俗店で稼ごうとするよりも、熟女専門のチャットサイトで稼いだ方が稼ぎやすいともいわれています。

ネットなら50代や60代の熟女としゃべりたいとか、アダルトなパフォーマンスをみてみたいという男性がいるので、それくらいの年齢になっても稼げるというのはすごいことですよね。

以上、チャットレディと風俗嬢の報酬体系から、日払いだったり、働きやすさだったり、サービス面だったりいろいろな面から検証してきましたが、いかがでしたでしょうか。

短期的に一気に稼げるのは風俗ですが、チャットレディも見劣りないくらい稼げます。一般的なアルバイトをするくらいなら、アダルトなしだったり顔出しなしでチャットレディをやった方が稼ぎやすいと思います。

チャットレディは長期的にコツコツ長く稼いでいきたい人向けですね。風俗みたいに短期間に何百万も稼げる訳ではありませんが、普通のバイトと比べてみるとメリットがたくさんあります。報酬以外にも働きやすさなどを考慮するとやっぱりチャットレディが女性が稼げる仕事でナンバーワンなのではないでしょうか。

↑ PAGE TOP